子供の成長の仕組みとアルギニン

子供の成長の仕組みとアルギニンを徹底解説!子どもの背を伸ばしたいお母様に、成長の仕組みを説明します。
MENU

子どもはどうして背が高くなるの?

背が高く育つには

背が伸びる方法

成長ホルモンという名前を聞いたことがあると思います。
お子様の背が伸びるには、この成長ホルモンが滞り無く分泌され、ビタミンC、D、カルシウムやアミノ酸(アルギニン)などの力を借りることで、筋肉や骨となります。
ただし、成長期の子どもの体は大人よりアルギニンを作り出す力が弱いのです。毎日一定量を外部から摂取することで、この成長を阻害する原因がひとつ、減ることになりますね。
遺伝ももちろんありますが、お父様より背が高くなる子どももいっぱいいます。それは、アルギニンの摂取量など、栄養素の摂り方にが関係あるのかも知れませんね。
牛乳をいっぱい飲んでいれば、背が伸びるというのも、間違いではありませんが
カルシウムが他の食品でろくに摂れなかった時代には、有効な説だったかもしれません。
ですが、今はアルギニンという物質が背を伸ばすのに有効だと、科学的に証明されました。
つまり、アルギニンをサプリなどで充分に摂ることが、背を伸ばす秘訣なのです。
それがお子様にも美味しいサプリメントでとれるなら、これ以上のことはありません。
骨が伸びると、身長も比例して伸びます。身長は骨で決まるようなものですから、当たり前ですね。
ですが、ビタミンやタンパク質は一生懸命摂らせても、アミノ酸を取りましょう、となると何を食べさせていいかわかりません。
そこで、サプリが大活躍!アルギニンはもともと体の中にあるものですので、お子様が口に入れるサプリとしても、安心です。

 

 

子供の身長を伸ばすホルモン、成長ホルモンとは

 

アルギニンが成長ホルモンにどう作用するの?

参考サイト:wiki
脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌される成長ホルモン。成長ホルモンは191個のアミノ酸からなりたっています。
成長ホルモンは主に、骨と筋肉に作用します。
その他にも、代謝の促進、血糖値の調整、カルシウム濃度を一定に保ったり、体脂肪を使ったエネルギーの調整もしてくれます。
成長期に成長ホルモンが足りないと、、成長ホルモン分泌不全性低身長症(差別的言葉となりますが、昔は小人症)になり、また、成長ホルモンが多すぎると、いわゆる「巨人症」になります。
この、成長ホルモン分泌不全性低身長症 で背が低い子ども向けに、アルギニンを注射で補い、成長ホルモンの促進度を測る方法もあります。
医療的にも、アルギニンが成長ホルモンの分泌の促進に役立つと考えられているわけですね。

 

アルギニンが身長を伸ばすのにいいって言うけど、どういう成分?

アルギニン (arginine) は天然に存在するアミノ酸のひとつ。

身長を伸ばしたい子ども

タンパク質を構成するアミノ酸として一番塩基性(酸と対になるアルカリ性が高い物質です。非必須アミノ酸ではありますが、特に成長期には摂取が必要とされています。また、外傷、感染などにも働きます。

アルギニンを多く含む食べ物
  • 魚類
  • 肉類
  • ナッツ
  • 大豆
  • 玄米
  • レーズン
  • エビ
  • 牛乳

体の中で、いろいろな機能に関与しています。「免疫機能を高める」とも言われています。手術後などにはアルギニンを主要成分とした輸液が体の回復を助けます。また、感染性合併症の発生率の低下も見られます。その他、下記にも有効です。

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 免疫機能の向上
  • 脂肪代謝の促進

背が伸びるサプリメント(提携)せのびと~るキャンペーン中

背が伸びるサプリメント

このページの先頭へ